台湾旅日記14日目 猫空リベンジ、そして最後の晩餐

台湾旅日記14日目 猫空リベンジ、そして最後の晩餐

先日長期メンテナンス中で乗れなかった猫空(マオコン)行きのロープウェイが今日から復活ということで、行ってきましたよ。

MRTの動物園駅から歩いて5分くらい。こちらがロープウェイ乗り場になりますー。

右の方に行列ができてるんだけど、これは床がガラス張りになってるゴンドラに乗りたい人の列。おれはそんなのに乗りたくないので、待ち時間ゼロで乗車。

キティちゃんゴンドラに当たったらやだなーと思ってたら全部キティちゃんゴンドラだった。

乗り込みまして。

テイクオフ!

高いー!

キティちゃんが邪魔で風景が見えない!

まぁ反対側は観られるんですが。

ほぼ直角に曲がり…

さらなる高みへ!

というか怖い!烏來でロープウェイに乗った時、平気だったから油断してた!超怖い!

剥き身とか正気ですか…。

最大高度275メートル!落ちたら死ぬ!

怖いー。

怖いー。

はぁはぁ…怖かった。やっぱおれ、ゴンドラ系の乗り物ダメ…。帰りもこれに乗るのか…。

しかし猫空の眺めは最高だぜー。猫空ってくらいだから猫がいっぱいいるのかと思ったら、猫が空(から)だから猫空って説があるくらい猫はいない。犬はいっぱいいた。

ちなみに有名なお茶の産地です。

山は気持ちいいなー。

向こうに台北101が見える。

台湾にしてはおとなしいお寺。

お茶の博物館発見ー。

無料のお茶サービスがあったよ。

眺めのいいレストラン入ったー。

牛肉揚げたのと、炒飯食べた。どっちもお茶で香りづけしてある。この店はちょっと高くてこれで400元。

食後はこのカフェで読書。

この旅の最中に読み切りたかった深夜特急の最終巻に着手。

深夜特急の1巻を初めて読んだのが確か高校生くらいの頃だったから、20年越しで全巻読み切ったぜ。読み終わるのと同時くらいに雨が強くなってきた!

あ、ロープウェイが止まってる!

代行バスが出てるー。やったー!

その後、台北に戻りまして

最後の夜ということで、ちょっとお高めのマッサージ店で70分の全身マッサージ。といってもそれでも3500円にすぎない(日本円で払った)。日本の相場の半額くらいだね。

ここはおれのマッサージランキングでダントツ1位の気持ちよさ!なんか道具使ってるのかと思ってまぶたを開けて見てもオイル使ってるだけで素手のマッサージだった。いずれ改めて台湾に来たら、ここには必ず寄ろう。

そして最後の晩餐はふたたび、ひとり火鍋。ここもハマった。今日は羊の火鍋。これで190元。600円くらい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…とまぁ、こんな感じでおれの2週間の台湾滞在は終わりを告げようとしている。このブログには台湾でおきた全てが綴られているわけではない。それをしようとしたら、それこそ2週間以上の時間が必要だ。台湾での生活は、いいことばかりではなかった。それでもすでに、改めて台湾に来たいな、という思いを抱ける程度には台湾という国を気に入っている。同時に早く日本に帰ってあれもしたいこれもしたい、という思いも確かにある。これは日本という国の素晴らしさを再発見する旅でもあったのだ。

結局台湾という国について、おれは何を知ることができただろうか、せいぜい「わからないことがわかった」というだけのことではなかっただろうか。それでも、それでもやはり、この旅には価値があったと思うし、価値があったと思いたい。

2本目の台湾ビールの缶を開けながら、おれはそう考えている。