福島第一原発「20km圏内ツアー」に行ってきた。

福島第一原発「20km圏内ツアー」に行ってきた。

表題のツアーを知ったのは、たまたま見かけたtwitterでだった。

原発周辺には機会があれば行ってみたいと思っていたが、まだまだ立ち入りが制限されている区域が多く、ちょっとハードルが高いなと思っていた所だったので、この情報は渡りに船だった。

主催しているのは、NPO法人の野馬土(ノマド)さん。http://www.projetnomado.com/

GW中にひとりで参加したい旨をメールで問い合わせた所、すぐに快諾をいただく。電話で細かな点を打ち合わせて、早速行って参りましたー。

今回は野馬土さんのワンボックスに乗せていただいて助手席からあちこちを観て回るスタイル。この回のツアー参加者はおれひとりだったので、かなりじっくりあちこちを回っていただいたのではないかと思う。野馬土のKさんには改めてお礼をいいたいところ。

要所要所ではクルマから降りてますが、基本的に写真は車内からiPhoneで撮影したものばかり。画質が悪かったりピンが多少ボケているのはご容赦いただきたく。

2014-05-05 08.17.56

 

 

待ち合わせは相馬駅のすぐそばでした。JR常磐線の亘理駅から相馬駅までの間は震災以来いまだにバスでの代行運転となっているので、おれは仙台から高速バスで相馬市へ。

2014-05-05 09.58.54

南相馬市、国道沿いの田園風景。本来であれば田植えの時期だが、そもそも耕していない田んぼがたくさんあった。もともとの後継者不足の問題が原発で加速したみたい。農家の中には原発の見舞い金でのんびり暮らしている人も多いとか。

2014-05-05 10.05.26 2014-05-05 10.07.03 2014-05-05 10.10.46 2014-05-05 10.11.10 2014-05-05 10.15.49 2014-05-05 10.20.072014-05-05 10.21.02 2014-05-05 10.22.05

南相馬市の小高区。このあたりは立ち入り自体は制限されていないが宿泊は許されていない「避難指示解除準備区域」。郵便局などの公的な施設は営業しているようだった。でも歩いている人はほとんどいない。小高駅の自転車置場にはロックされたまま放置された自転車がたくさん。

2014-05-05 10.26.21

ここは「希望の牧場」の入り口。

2014-05-05 10.27.20

ここでは殺処分指示が出ている被曝牛350頭ほどを育てている。もちろん商品にはならない。

2014-05-05 10.28.13

寄付された飼料。

2014-05-05 10.28.27 2014-05-05 10.28.35 2014-05-05 10.29.08 2014-05-05 10.29.15 2014-05-05 10.29.25 2014-05-05 10.30.05

牧場内は場所によっては15〜30ミリシーベルトを示すところもあるらしい。

2014-05-05 10.31.18 2014-05-05 10.32.13 2014-05-05 10.33.26 2014-05-05 10.34.25

代表の方の「牛を生かしたい」という熱量と「この土地はもうだめだ」という諦観がやりきれなかった。

2014-05-05 10.40.11

黒い袋の中には除染作業の際に集められた土が入っているらしい。

2014-05-05 10.40.47 2014-05-05 10.41.41 2014-05-05 10.49.37 2014-05-05 10.55.11 2014-05-05 10.56.25 2014-05-05 10.56.34 2014-05-05 10.57.49 2014-05-05 10.57.56 2014-05-05 11.03.18 2014-05-05 11.03.21 2014-05-05 11.03.47 2014-05-05 11.04.35 2014-05-05 11.05.10

こっちが下流側の欄干。

2014-05-05 11.05.52 2014-05-05 11.05.13

で、こっちが上流側。津波の衝撃でひん曲がって外れている。

 

2014-05-05 11.05.48 2014-05-05 11.06.12 2014-05-05 11.06.22 2014-05-05 11.06.37 2014-05-05 11.08.59 2014-05-05 11.11.20 2014-05-05 11.11.24 2014-05-05 11.11.41 2014-05-05 11.12.17 2014-05-05 11.13.37 2014-05-05 11.14.18 2014-05-05 11.15.14

線量計は町のいたるところにあった。

 

2014-05-05 11.21.13 2014-05-05 11.22.31

この辺から浪江町「居住制限区域」の写真。

2014-05-05 11.24.09

立ち入り自体制限されているが、NPOの視察という名目で通してもらった。

 

2014-05-05 11.25.11 2014-05-05 11.25.35 2014-05-05 11.26.31 2014-05-05 11.26.46

クルマが草原に点在していた。この草原は元は田んぼ。瓦礫などは手作業でキレイに片付けられていたがクルマは津波に流されてそのまま放置されている。クルマの墓場みたいだった。

2014-05-05 11.26.56 2014-05-05 11.27.19 2014-05-05 11.27.34 2014-05-05 11.27.46

浪江の漁港跡に近づくにつれ、打ち上げられた船が散見されるように。

 

2014-05-05 11.27.56 2014-05-05 11.28.29 2014-05-05 11.30.32 2014-05-05 11.30.36 2014-05-05 11.30.41 2014-05-05 11.30.42 2014-05-05 11.31.03 2014-05-05 11.31.08

2014-05-05 11.31.15

これは多分、漁港の魚を保管しておく冷蔵倉庫かと。基礎ごと流されていた。

2014-05-05 11.31.30 2014-05-05 11.31.35 2014-05-05 11.31.38 2014-05-05 11.31.42 2014-05-05 11.31.52 2014-05-05 11.33.35 2014-05-05 11.33.39 2014-05-05 11.33.44 2014-05-05 11.34.04 2014-05-05 11.34.37 2014-05-05 11.34.46 2014-05-05 11.34.54

この建物の2Fに昇ってみた。

2014-05-05 11.35.33

2Fからの眺め。

2014-05-05 11.35.44

これはその2Fの写真。かなり背の高い建物だったが2Fまで津波が押し寄せた跡が見られた。

2014-05-05 11.36.28 2014-05-05 11.36.46 2014-05-05 11.37.17 2014-05-05 11.37.44 2014-05-05 11.37.59

2014-05-05 11.38.06

お風呂まるみえ。

2014-05-05 11.38.25 2014-05-05 11.41.09 2014-05-05 11.41.14 2014-05-05 11.42.01 2014-05-05 11.42.22

カーブミラーの鉄柱がひん曲がってコンクリートを巻き込んでいた。

 

2014-05-05 11.42.36

2014-05-05 11.46.13

道路の中央線が断層で大胆にずれていた。この道の先に福島第一原発がある。

2014-05-05 11.46.40 2014-05-05 11.47.10

一般人が立ち入れるのはここまで。写真ではわからないかもしれないが、福島第一原発の建物がこのバリケードから見えていた。

2014-05-05 11.47.21 2014-05-05 11.47.59 2014-05-05 11.49.21 2014-05-05 11.54.20 2014-05-05 11.55.23 2014-05-05 11.55.35 2014-05-05 11.55.39 2014-05-05 12.01.49 2014-05-05 12.02.00

浪江駅周辺。このあたりも立ち入りが制限されている。町のあちこちに防犯用の監視カメラが設置されていた。

 

2014-05-05 12.02.12 2014-05-05 12.07.21 2014-05-05 12.08.20 2014-05-05 12.08.43 2014-05-05 12.09.05 2014-05-05 12.09.46 2014-05-05 12.10.15 2014-05-05 12.10.57 2014-05-05 12.11.35 2014-05-05 12.11.37 2014-05-05 12.12.20 2014-05-05 12.12.32 2014-05-05 12.12.42 2014-05-05 12.12.57 2014-05-05 12.13.21 2014-05-05 12.13.54 2014-05-05 12.13.56

と、ここまでが原発20km圏内の写真でした。

2014-05-05 13.47.25 2014-05-05 14.05.23

帰りに寄った野馬土さんの野菜直売所とカフェ。

2014-05-05 14.06.05 2014-05-05 14.06.48

野馬土には自前の放射線測定装置があり、販売されている薬物はすべて放射能の線量を計測済み。もちろん基準値以下のものしか販売されていない。

2014-05-05 14.06.58 2014-05-05 14.08.46

また一般の人が持ち込んだ野菜の線量も無料で測ってくれるそうな。ただ一回の計測には40分ほどの時間がかかる。

2014-05-05 14.14.44 2014-05-05 14.16.16

 

これは県からの受託で実施している米の線量を測るための装置。こういった施設が福島県内に200以上あるらしい。福島県から出荷されるお米はすべてこういった検査を受けている。この計測は県からの受託事業だが、原資は東京電力が払っているとのこと。

湿っぽいツアーにはしたくなかったけど、やっぱり現実を目の当たりにするとため息しか出なかった。原発がいいとか悪いとかの二元論では語りきれない業のようなものを感じてしまったなぁ。

機会があれば今度は誰かを連れてまた見学に行きたいなー。問題を風化させないためには興味本位でいいからガンガンツアーに参加してほしいとのことなので、みんな野馬土さんに問い合わせてみるといいと思うよ。